財団法人放送大学教育振興協会ロゴ 特定商取引法に基づく表記
個人情報保護に関する基本方針
サイトマップ
HOME テキスト販売 ビデオ CD-ROM販売 カタログプレゼント 放送大学教育振興会とは お問い合わせ


▼ ご購入は以下からどうぞ ▼
商品名:
3057 : ヨーロッパの歴史T−ヨーロッパ史の視点と方法−
 
著  者:
草光 俊雄
甚野 尚志
放送大学教授
放送大学客員教授・早稲田大学教授
 
定  価:
\3,024 (税込)
 
ヨーロッパの歴史T−ヨーロッパ史の視点と方法−
発行年:
’15年発行
 
ISBN:
978-4-595-31546-6
 
サイズ:
A5
 
頁  数:
268頁
 
数  量:

※数量の調整は後ほどでもできます。
 



■ 全体のねらい
ヨーロッパ史(古代から近代まで)のそれぞれの時代をめぐり、歴史家の間で議論されてきた論争などを中心に整理しながら、歴史認識の変遷とその方法を概観し、歴史像がいかにして形成されてきたかを考える。歴史学の発展とともに歴史学がおかれていた時代の中で歴史についての見方がどのように変わってきたのか理解し、現代の課題は何かを学ぶ。
■ 章の構成

 1.イントロダクション
 2.新しい古代地中海世界像とローマ帝国像を求めて
 3.西欧中世世界の成立−古代から中世への転換−
 4.キリスト教の浸透と辺境地域
 5.写本から印刷術へ−書物の文化の発展−
 6.中世の民衆と文字文化
 7.「神の国家」から「人の国家」へ(T)
 8.「神の国家」から「人の国家」へ(U)
 9.儀礼と表象、感性からみる歴史−歴史人類学の挑戦−
 10.オーラルとエクリの間(あわい)−近世期の「個人の語り」について−
 11.作法と教養
 12.近代イギリスにおける「古代」と「中世」
 13.産業革命をどう捉えるか
 14.近代人の時間の観念:仕事と余暇
 15.ヨーロッパ史への招待

※戻る場合はブラウザの【戻る】ボタンで前画面にお戻りください。

All rights reserved, Copyright 2012 Foundation for the Promotion of The Open University of Japan