財団法人放送大学教育振興協会ロゴ 特定商取引法に基づく表記
個人情報保護に関する基本方針
サイトマップ
HOME テキスト販売 ビデオ CD-ROM販売 カタログプレゼント 放送大学教育振興会とは お問い合わせ


▼ ご購入は以下からどうぞ ▼
商品名:
4252 : 生活における地理空間情報の活用
 
著  者:
川原 靖弘
関本 義秀
放送大学准教授
放送大学客員准教授・東京大学准教授
 
定  価:
\3,456 (税込)
 
生活における地理空間情報の活用
発行年:
’16年発行
 
ISBN:
978-4-595-31616-6
 
サイズ:
A5
 
頁  数:
248頁
 
数  量:

※数量の調整は後ほどでもできます。
 



■ 全体のねらい
誰もが自由に地理空間情報を利用できる時代になり、生活者にとって有益な地理空間情報サービスシステムが至る所に存在するようになった。本書では、生活者の安心・安全、利便性を目的としたサービスや先端の技術を使った地理空間情報システムの紹介を通して、生活における地理空間情報のニーズ、システム構築に必要な技術、地理空間情報の表現・分析方法について解説し、現代における地理空間情報システムの存在意義について考える。
■ 章の構成

 1.生活における地理空間情報の活用
 2.地図の歴史,GIS
 3.地理空間情報のさまざまな表現と処理技術〜ビッグデータ時代に向けて
 4.地上から、宇宙からの測位
 5.モバイル通信技術と位置情報
 6.都市施設管理・都市計画における利用〜都市施設管理からスマートシティまで
 7.災害時における活用〜阪神淡路大震災、東日本大震災を通じて
 8.安全・安心、ゲーム、産業への活用
 9.保健,医療における活用
 10.交通システムや移動体への活用
 11.農業、林業、水産業における活用
 12.行動,生態,文化財調査のための地理空間情報
 13.海外における利用〜グローバルな活用方法を知る
 14.参加型データ社会の到来と地理空間情報
 15.先端技術と人間生活の調和した未来の地理空間情報

※戻る場合はブラウザの【戻る】ボタンで前画面にお戻りください。

All rights reserved, Copyright 2012 Foundation for the Promotion of The Open University of Japan