財団法人放送大学教育振興協会ロゴ 特定商取引法に基づく表記
個人情報保護に関する基本方針
サイトマップ
HOME テキスト販売 ビデオ CD-ROM販売 カタログプレゼント 放送大学教育振興会とは お問い合わせ


▼ ご購入は以下からどうぞ ▼
商品名:
2611 : 『方丈記』と『徒然草』
 
著  者:
島内 裕子 放送大学教授
 
定  価:
\2,916 (税込)
 
『方丈記』と『徒然草』
発行年:
’18年発行
 
ISBN:
978-4-595-31855-9
 
サイズ:
A5
 
頁  数:
264頁
 
数  量:

※数量の調整は後ほどでもできます。
 



■ 全体のねらい
『方丈記』と『徒然草』は、日本の古典文学の中でもとりわけよく知られているだけでなく、後世の文学や美術に及ぼした影響力が大きかった作品である。明晰な論理性と気韻に富む文体で、人間認識と社会認識などの多様な思索を展開しており、圧倒的な写実力と説得力を特徴としている。また、『方丈記』と『徒然草』が依拠した日本や中国の古典との関わりを知ると同時に、後世に影響を与え、現代文学としても機能している事実を理解する。さらに、絵画化された美術作品にも触れ、文学と絵画の相互交流性を認識する。
■ 章の構成

 1.『枕草子』の多様性
 2.『枕草子』のゆくえ
 3.『方丈記』のテーマ性
 4.災害記としての『方丈記』
 5.閑居記・書斎記としての『方丈記』
 6.『方丈記』の達成
 7.『徒然草』とは何か
 8.『徒然草』の始発
 9.隘路からの脱出
 10.『徒然草』の描く人間、そして心
 11.『徒然草』の説話と考証
 12.『徒然草』における時間認識
 13.批評文学としての『徒然草』
 14.江戸時代の『徒然草』
 15.『徒然草』のゆくえ

※戻る場合はブラウザの【戻る】ボタンで前画面にお戻りください。

All rights reserved, Copyright 2012 Foundation for the Promotion of The Open University of Japan